詐欺副業・詐欺業者を検索できます

【解決】副業詐欺の返金方法を紹介。無料で今すぐできる対処法

副業詐欺に遭った際の返金方法を解説

・大金を払って副業サービスに申し込んだけど、全く稼げない
・騙されたから返金して欲しいけど、クーリングオフはできるの?
・返金の相談をする場所が分からなくて困っている…

当記事ではそんなあなたに向けて、副業詐欺に遭った際の返金方法を解説します

詐欺被害の額が5万円を超えている方へ向けた記事です。

被害額が5万円以下の方はこちらの記事をご覧ください。

副業詐欺に遭って既に大金を支払っているのなら、「もう泣き寝入りするしかない…」と途方に暮れているかもしれません。

ですが、まだ諦めないでください。

この記事を最後まで読めば、詐欺副業サービスに騙された費用を返金できる可能性が高くなります

無料で今すぐできる対処法を紹介するので、是非最後まで読み進めて頂きたいです。

・副業詐欺の返金については“司法書士事務所”に無料で相談できる
・返金の相談をする際は、詐欺被害の内容を詳しく伝えること
・副業詐欺に遭った時期が随分前でも、まだ返金できる可能性は十分ある

返金方法を解説する前に、副業詐欺の特徴について再確認

返金方法を解説する前に、副業詐欺の特徴について再確認しておきます。あなたの申し込んだ副業サービスが、詐欺であるかどうかを確認するためです。

以下の4つの条件を満たしている場合は詐欺の可能性が高いので、1度相談されることをおすすめします。

1.初期費用を支払ってもビジネスを始められない
2.半ば強制的に高額プランへ誘導される
3.仕事内容は簡単ではない(販売ページの情報が嘘)
4.高額プランに申し込んでも稼げない

1.初期費用を支払ってもビジネスを始められない

副業詐欺(情報商材)の大半は、初期費用を支払ってもビジネスを開始することはできません。稼ぐためのノウハウもほとんど提供されません。

詐欺副業の初期費用は、1万円前後に設定されていることが多いですね。LINE@で売り込まれる商材を購入すると、大体電話で面会を行います。そこで、「稼ぐ情報が知りたいなら、高額プランに申し込む必要がある」と言われます。

つまり、最初に購入した商材は「単なるパンフレット」であり、それを手にしても何1つノウハウは提供されないということです。なんのために商材を購入したのか分かりませんね。

あなたの騙された詐欺副業も、こんな感じではなかったですか?

2.半ば強制的に高額プランへ誘導される

詐欺副業サービスでは、半ば強制的に高額プランへ誘導されます。最初に商材を購入した後に、詐欺業者と電話で話すことが多いです。

電話では、以下のような話の流れで半強制的に高額プランに申し込まされます。

「プランに払った費用の分だけ、毎月稼げるようになります!」
「○○さんは毎月いくらぐらい稼ぎたいですか?」
「やっぱりガッツリ稼ぎたいですよね?」
「だったら最上位プランでいっときましょうか!!」

その後は、支払いが難しいことを伝えると「クレカで分割で払ってください」などと言ってきます。ひどい場合は、カードの引き上げまで要求してきます。

電話越しにセールスされるので、購入者は上手く断ることができません。そのまま話が進んでいきます。非常に悪質ですね。自分の購入意思に関わらず、半強制的に高額なプランに申し込まされます。

あなたが詐欺を疑っているサービスも、そうではなかったですか?

3.仕事内容は簡単ではない(販売ページの情報が嘘)

詐欺副業では、高額プランに申し込んだ後にようやく仕事内容が明かされます。

そこで、ネットで拾えるような情報だったことに肩透かしを食らいます。もしくは、初心者には難しいビジネスということに気付くわけです。

LP(販売ページ)では「初心者でも簡単」「1日10分だけの作業」「即日で稼げる」などと書かれていますが、それが嘘だったことに気づきます。

詐欺商材の仕事内容は「せどり(転売)」「アフィリエイト」「バイナリーオプション」「仮想通貨投資」「BuzzVideo(トップバス)」「競馬代行」などが多いです。

これらのビジネス(ギャンブル)は簡単に稼げるものではありません。しかも、わざわざ高額なサービスに申し込まなくても始められます。

あなたも仕事内容を知った時、ガッカリしませんでしたか?

4.高額プランに申し込んでも稼げない

詐欺副業では、高額プランに申し込んでも稼ぐことはできません。

詐欺副業の仕事内容は既に知られているビジネスであり、初心者にとっては難しいものばかりです。そんなビジネスを「初心者でも簡単に稼げる副業」として販売しているわけですから、本当に悪質です。

当サイトには、詐欺被害者からのお問い合わせがよく届きます。これまで数多くの被害者と連絡をとってきましたが、実際に稼げた人は1人も見たことがありません。

「簡単に稼げる」「スマホだけ」「1日10分」などという情報は嘘なので、こうしたサービスは「詐欺」と言っても差し支えないでしょう。

【詐欺が判明している副業一覧】あなたが申し込んだサービスはありますか?

ここまで副業詐欺の特徴を再確認しましたが、あなたの申し込んだサービスに当てはまっていますか?

判断が難しいかもしれないので、既に詐欺であることが発覚している副業サービスを列挙していきます。

・タップイズマネー(Tap is Money)
・バイデア(BUYDEA)
・プッシュアップ(PUSH UP)
・ハピホーム(ハピピース)
・マネーエース
・ラキエース
・ラクーラン
・ライバーエージェンシー(LIVER AGENCY)
・ストリーム(STREAM)
・BGM(ビジネスガイドマスター)
・ドリームライフ
・マジックワークス(Magic Works)
・三上莉奈【Brave】ブレイブ
・HACHI PLUS(ハチプラ)
・Good!!(グッド)
・COLOR(カラー)
・ポケバン(POKEBAN)
・ドリームガイド(ドリームサーチ)
・1億総副業プロジェクト
・Create(クリエイト)
・ワーケーション
・リッチクラブ
・マネージョブ
・マネーパートナー
・マネーキャッチャー
・スマプラ
・DATA
・ネトビジfree
・マネーバンク
・クラムスクール
・Everyday(エブリデイ)
・金活プロジェクト
・タイムライフビジネス(タイムキャッチャー)
・勝ち組クラブ
・V2システム
・エンジョイコネクト
・SUK
・イージーベース
・ユーネクストビジネス(ネクストフューチャー)
・MONEUP(マネアップ)
・SMB

ここからは上記のような詐欺副業に騙され、5万円以上の費用を支払ってしまった人に向けて返金方法を解説します。

高額プランに申し込まなかった人でも、騙された初期費用を取り返す方法はあります。こちらの記事をご覧ください。

基本的にネット副業はクーリングオフできない。他に返金する方法は?

まず、言っておきたいのは、ほとんどの副業サービスでクーリングオフはできないということです。

詐欺副業のほとんどが、ネットでサービスを提供しています。商品は実態のないものであり、情報を販売しています。

情報はあなたの元へ届いた時点で「なかったこと」にはできませんよね?

実態のある商品のように返品することは不可能です。なので、基本的に副業サービス(情報商材)はクーリングオフできません。

では、クーリングオフできないのなら、どうやって返金してもらえば良いのでしょうか?

副業詐欺の返金は“司法書士事務所”に相談を【無料】

副業詐欺の返金は“法律事務所”に相談を【無料】

副業詐欺の返金方法としてベストなのは、司法書士事務所に相談することです。幸いなことに、今は無料で相談できる司法書士事務所が沢山あります。

詐欺被害の相談をすれば、経験豊富な司法書士が詐欺を立証し、被害額の回収(返金)を行ってくれます。

返金の解決事例を持つ司法書士事務所を紹介

ただ、「副業詐欺に遭ったけど、相談はどこにすれば良いの?」と悩む人も多いと思います。

これまで詐欺被害者の口コミを沢山見てきましたが、相談場所が分からずに悩んでいる被害者は少なくありませんでした。

そういった人は、悪質情報商材からの返金に特化した「平柳司法書士事務所」に相談すると良いでしょう。

こちらは豊富な解決事例を持つ司法書士事務所なので、副業サービスの返金について気軽に相談できます。

当記事は、“高額プランに申し込んでしまった人”に向けて返金方法を解説しています。初期費用のみの被害の方は、こちらの記事をご覧ください

返金に関する相談料・着手金は完全無料「0円」

返金に関する相談料や着手金は「無料」です。安心してください。

たとえ今、お金に余裕がなかったとしても、手持ちから費用を支払う必要はありません。

さらに、こちらの司法書士事務所は完全成功報酬型です。詐欺業者からの返金に成功した場合のみ、回収金額の35%を成功報酬として支払うことになります。

35%である「35万円」を成功報酬としてお支払い
⇒残りの「65万円」はあなたの元へ返ってくる

返金に関するお問い合わせは24時間対応

返金に関するお問い合わせ(メール相談)には24時間対応しています。

今すぐ、副業詐欺の返金について相談することも可能です。

公式ページの「メールでのご相談はこちら」というバナーをタップすると、お問い合わせフォームが表示されます。

返金に関するメールでの相談バナー

あとは指示に従って入力や項目の選択をし、「送信する」をタップするだけです。

返金に関するお問い合わせフォーム

これから返金相談をする際の注意点を解説します。そちらもご覧になってから相談されることをおすすめします。

副業詐欺の返金で相談する際の注意点

副業詐欺の返金で相談する際の注意点

司法書士事務所へ返金について相談する際は、いくつか注意点があります。

以下の3つの注意点は返金をする上で重要なことなので、必ず守るようにしてください。

1.詐欺被害の状況を詳しく伝えること
2.返金の相談後は「本人確認」を行うこと
3.嘘の情報は絶対に伝えないこと

注意点1.詐欺被害の内容を詳しく伝えること

自分が詐欺被害に遭って、返金してほしいという意思をしっかり伝えてください。

相談意思がないと判断されると、返金の対応をしてもらえない可能性があるからです。

それと、司法書士の方が詐欺被害の状況を把握しやすいように、自分の状況を詳しく伝えるようにしましょう。

あくまでも一例ですが、以下のように伝えると分かりやすくなります。

【詐欺行為の詳細】

最初に商材を購入したのにノウハウが提供されなかった。
半ば強制的に高額プランに申し込まされた。
「タップするだけで稼げる」と書いてあるのに、全然稼げない。
仕事内容を知っていれば、商材を購入することはなかった。

【詐欺被害に遭ったサイト・サービス名】

サービス名を伝える

【運営会社の名前】

会社名を伝える

【○○に支払った合計費用】

○○万円(高額プランの費用+その他費用)

【決済方法】

クレジットカード(分割であれば回数も)
銀行振込など

【○○に申し込んだ日】

〇月〇日
〇〇か月前

返金について相談する時は、このように伝えることで話が進みやすくなります。無料相談するときは、上記の例を参考にしてみてください。

注意点2.返金の相談後は「本人確認」を行うこと

返金について相談した後は、必ず「本人確認」を行ってください。

司法書士事務所に返金の相談をしたら、後日連絡が入ります。あなたが詐欺被害に遭った本人であることを確認するための連絡です。

こちらは必ず対応して頂き、以後は司法書士と返金に関する手続きを進めてください。

もし、本人確認できない場合は、返金の手続きが進まなくなってしまいます。忘れずに対応していただくことをおすすめします。

注意点3.嘘の情報は絶対に伝えないこと

当然ですが、嘘の情報を伝えて相談することはNGです。例えば、ニックネームで相談したり、メールアドレスを偽って相談するような行為です。

このような嘘の情報で相談をすると司法書士に迷惑ですし、返金の対応ができなくなってしまいます。

必ず詐欺被害に遭った本人が、連絡の繋がるメールアドレス(電話番号)で相談するようにしてください。

返金相談する際の注意点をまとめます

  • 「詐欺被害に遭ったので返金したい」という意思をしっかり伝える
  • 詐欺被害の状況を詳しく伝える
  • 相談後は必ず本人確認をおこなう(司法書士事務所からの連絡に対応する)
  • 嘘の情報で相談しない(詐欺被害に遭った本人が、実在する連絡先で相談する)

詐欺業者からお金を取り返すためにも、必ず上記の注意点は守るようにしましょう。

副業詐欺の返金に関するQ&A(クーリングオフ・返金保証について)

最後に、副業詐欺の返金についてよくあるQ&Aを紹介します。

【Q1】消費者センターに返金相談しようと思うのですが、どうでしょうか?

良いと思います。消費者センターでは詐欺被害の相談を受け付けているので、連絡してみるのもありです。その際は、先ほど解説したように詐欺被害の内容を詳しく伝えるようにしてください。

ただ、消費者センターに相談した場合だと、返金の対応が遅くなる可能性が高いです。なぜなら、毎日膨大な数の相談が寄せられているからです。

まともに相手をしてくれるまでに、かなり時間がかかるかもしれません。なので、できるだけ早く対応してもらいたいのであれば、個人的に司法書士事務所へ相談することをおすすめしますね。

【Q2】副業詐欺に遭ったのは随分前です。まだ返金できますか?

返金できる可能性は十分あります。基本的に取引から10年以内の被害であれば、支払った費用を取り戻すことが可能です。

ただ、詐欺副業の運営会社自体が存在していないなど、請求先がなくなった場合は返金が難しくなります。

詳しくは以下のページをご覧ください。

【Q3】依頼費用を心配しています。お金に余裕がなくて困っているのですが…

先ほど紹介した「平柳司法書士事務所」なら、相談料・着手金を支払う必要はありません。完全無料です。

お金に余裕がない場合でも、手持ちから費用を支払う必要はないので、安心して返金の相談をすると良いでしょう。

【Q4】サービスに支払った費用は、全額返金してもらえますか?

ほとんどの場合、返金額は振込履歴や立証できる証拠によって変わってきます。

特に領収書やレシートなどの明細は証拠として重要になる為、破棄せずに保存しておいてください。(詐欺業者に支払った証拠となるもの)

他にも、詐欺副業の返金について分からないことがあれば、こちらよりお気軽にご連絡ください。お力になれるかもしれません。

お問い合わせ

ご意見、ご感想、ご質問などがございましたら、こちらのフォームにご記入のうえ送信して下さい。 基本的に3日以内に返信させていただきます。ご記入いただく情報は公開されません。費用なども発生しませんのでご安心ください。 メッセージ[…]

【まとめ】副業詐欺に遭った際の返金方法

今回は、副業詐欺に遭った人に向けて、返金できる可能性の高い方法を紹介してきました。

返金の事例を持つ司法書士事務所も紹介しましたが、ここで行動を起こさなければ「泣き寝入りするだけ」です。

先ほど紹介した「平柳司法書士事務所」は、相談料・着手金ともに完全無料なので、相談するに越したことはありません。

副業サービス(情報商材)はクーリングオフできないので、司法書士事務所に問い合わせることをおすすめします。